地域情報

悲報。パッカー車で火事!ゴミ分別にご協力ください。

投稿日:

先日、八尾市の『朗報!平成30年12月10日から簡易ガスボンベ・スプレー缶の穴あけは不要!』でお伝えしましたが、八尾市の複雑ゴミのルールが変更になりました

複雑ゴミって、ゴミを出す市民からすると「分別面倒臭いなぁ~」って思ってしまいがちですが、複雑ゴミは出し方のルールを守らないと、火災の原因になってしまいます。

残念なことに、平成30年11月28日、複雑ゴミが原因の火災が発生してしまいました。

平成30年11月28日午後2時00分頃、ごみ収集車の火災事故が発生しました。

早期発見したことから、燃えているごみを迅速に収集車ボデー(荷箱)から外に排出し、その後消防による消火活動により鎮火しました。

幸い付近住民、収集作業員、ごみ収集車に被害はでませんでしたが、その後の収集にかなりの遅れが生じました。

また、燃えたごみを排出した場所の所有者の方には大変ご迷惑をおかけしました。

八尾市HP より引用

パッカー車の火事の原因

パッカー車で火事が起こる原因はいくつか考えられます。

  • スプレー缶内に中身(ガス)が残っている
  • 充電式電池
  • 中身の残ったライター
  • 灯油の残ったストーブ

平成30年11月28日に起こったパッカー車の火災の原因は、複雑ゴミの日にスプレー缶を他のゴミと一緒に出した事が原因だったようです。

パッカー車のボデー(荷箱)でスプレー缶が発火したことが火事に繋がりました。

まとめ

12月10日からスプレー缶は穴あけする必要が無くなって、複雑ゴミを出す手間が少し楽になりましたよね。

自分の出したゴミが火事の原因となり、誰かを傷つけてしまわないためにも、スプレー缶を出す時は

  • 中身を全て使い切って
  • 可燃ごみの日に
  • 可燃ゴミの指定ブクとは別のビニール袋に入れる

上記の手順で出すようにお願いします。

-地域情報
-, , , ,

Copyright© とことん八尾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.