お店

さようなら八尾西武百貨店。西武八尾の閉店が決まったようです。

更新日:

すでにご存知の方も多いかと思いますが、八尾西武百貨店の閉店が決まったようです。これまでも何度となく閉店の噂が流れていた西武八尾ですが、今回はテレビや新聞等でも報じられているので、残念ながら閉店は本決まりのようです。

さようなら八尾西武百貨店

八尾西武百貨店は1981年5月27日に開店しました。開店当時はまだアリオ八尾はありませんでしたし、大型のショッピングセンターのない時代でしたから、西武百貨店の出店は八尾市民にとってかなり大きな出来事でした。筆者は当時小学生。西武八尾につは沢山の思い出があります。

残念ですが仕方がない

西武八尾閉店の報は残念でならないのですが「じゃあ、利用していたの?」と聞かれると、実のところ、筆者自身そんなに利用していないんです。子どもの頃は親に釣れられて行った覚えがあるのですが、自分自身が所帯持ちになった今は、西武八尾ではなく、アリオ八尾やイズミヤに行ってしまっている状態です。実際、たまに用事があって西武八尾を訪れても閑散としている事が多くて「これで経営成り立っているのかな?」なんて心配になるほどでした。

なので残念ですが仕方がないのかな…と言う気がします。むしろ、厳しい経営状態の中、よく持った方かも知れません。

水時計・ビアガーデン・フラミンゴ・アスレチック・アニメ映画

子ども達世代は西武八尾よりも、アリオ八尾に親しみを感じていると思うのですが、30代以上の八尾市民の中には、西武八尾に沢山の思い出を持っている方も多いのではないでしょうか?

例えば待ち合わせや、お母さんの買い物の付き合いに疲れたお父さんの憩いの場として利用されていた水時計。夏になると屋上にビアガーデンが開かれていたのを覚えている方も多いと思います。屋上と言えば、昭和の懐かしい屋上遊園。西武八尾の屋上にはフラミンゴがいたり、アスレチックがあったりして、屋上で遊ぶのを楽しみにしていた子どもは多かったかと思います。

西武八尾は団塊ジュニア世代の子ども時代と共に歩んでいますから、巷に子どもが溢れていた時代でもあり、夏休みともなる8階の西武ホールでドラえもんの長編アニメ映画を観た方も多いかと思います。

次に何が出来るのか?

西武八尾が撤退した後の事についてですが、現時点ではまだ何も発表されていません。ショッピングビルになるのか、それとも更地にして新しい建物が建つのか。西武八尾はアリオ八尾との連絡通路にもなているため、

まとめ

足繁く通っていた訳ではなくても、当たり前にあった物が無くなるのって、なんだか寂しい気がします。2016年度は青山通りのシンボルマークであった王将が閉店。続いて西武八尾も閉店。昭和の八尾市を下支えしてきたお店が無くなってしまうのは残念ですが、これも時代の流れなのかな…と思います。

それはそれとして。西武八尾の跡地に何が出来るのかが八尾市民にとっては気になるところ。今後の動きに注目していきたいと思います。

【関連記事】
西武八尾閉店。気になる跡地。活用法が決定したようですよ~。

-お店
-, , , , , ,

Copyright© とことん八尾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.