とことん八尾

八尾のいいとこ伝えたい。八尾市とその周辺情報を発信します。とことん八尾を楽しみましょう!

八尾市在住の小説家、山吹静吽さんの『迷い家』が11月9日発売されますよ~。

time 2017/11/07

八尾市在住の小説家、山吹静吽さんの『迷い家』が11月9日発売されますよ~。

八尾市在住の読書好きの方に朗報です! 八尾市在住の小説家、山吹静吽さんの『迷い家』の発売日が決定しました!

山吹 静吽さんの『迷い家』は第24回日本ホラー小説大賞 優秀賞を受賞。ホラー小説大賞受賞された時は「霞澄 晴吽」と言うペンネームで応募されていましたが、作品を単行本化するタイミングでペンネームを変更されたようです。

【参考記事】
朗報! 第24回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞者は八尾市在住! 霞澄 晴吽さん、おめでとうございます!

sponsored link

山吹静吽『迷い家』


山吹静吽さんってどんな人?


山吹静吽さんは1987年京都府生まれ。八尾市在住で介護士として勤務されています。2017年、「迷い家」で第24回日本ホラー小説大賞〈優秀賞〉を受賞し、今回発売される『迷い家』で単行本デビューされました。日本ホラー小説大賞の選考会では『黒い家』の貴志祐介さんが激推しされていたようです。

ホラー小説大賞と言えば、いままでも多くの直木賞作家を輩出している大きな賞です。これからの活躍が期待される作家さんですよ~。

『迷い家』の内容


『迷い家』の舞台は昭和20年。東京大空襲で生き残った少年が主人公です。主人公の冬野心造は疎開先の村で怪異に遭遇しますそして……。

柳田國男の『遠野物語』をはじめ、様々な民話や伝承を物語に取り込んだ意欲作とのこと。単行本はアマゾン等で購入可能です。


第24回日本ホラー小説大賞 優秀賞受賞作『迷い家』山吹静吽

まとめ


筆者は購入して読もうと思っているのですが(アマゾンで注文済です)、少し待てば図書館にも並ぶかと思います。「早く図書館で読みたい~」と言う場合は、図書館にリクエストを出せば購入してくれるかと思います。「図書館に並ぶまで待ってられない」と言う方は、ご購入くださいね。

八尾市から作家さんが育ってくれるなんて、八尾市民にとっては嬉しいことですね。何度も書きますが日本ホラー小説大賞で受賞された作家さんは大物になっている率がすっごく高いんです。みなさんも是非作品をチェックしてみてくださいね。

sponsored link

八尾市の良いところ、役立つ情報を紹介します。中の人は八尾市在住。小学生の子どもを持つ大阪のオバちゃんです。

固定ページ



sponsored link

sponsored link