とことん八尾

八尾のいいとこ伝えたい。八尾市とその周辺情報を発信します。とことん八尾を楽しみましょう!

八尾市の粗大ゴミ。処分料を節約する方法があるって知ってました?

time 2016/06/24

八尾市の粗大ゴミ。処分料を節約する方法があるって知ってました?

八尾市にお住まいのみなさんは粗大ゴミの処分って、どうしていますか? ほんの数年前までは八尾市の粗大ゴミって無料で引き取ってくれていたのですが、現在は処分料がかかります。八尾市清掃庁舎に申し込みをした上で、郵便局やコンビニで販売しているシールを購入した上で、指定された日に家の前に出しておく…と言う事は既にご存知かと思います。

仕方がないとは言うものの粗大ゴミの処分料って、お財布には痛いですよね。それに年度末等は混み合っていて、予約が随分先になってしまったり。模様替えや大掃除をして「今、捨てたい!」と思っても、すぐには引き取ってもらえないと言うジレンマ。

実は抜け道的な良い方法があるんです。「抜け道」と言っても八尾市のHPに掲載されている事ですから正攻法です。今回は八尾市の粗大ゴミの処分料を節約する方法についてお届けします。

sponsored link

八尾市で粗大ゴミの処分料を節約する


「処分料」が高い理由


ところで。ゴミの処分料が高い理由って、考えてみた事ありますか? いろいろな理由が複合的に絡み合っているのですが、ゴミの処分に限った事ではありませんが、日本で何かしようとすると「人件費」が馬鹿にならないんです。

じゃあ、自分で働いたらどうでしょうか? 八尾市の場合自分の労力でもって処分料を減らす事が出来るのです。

粗大ゴミを持ち込もう!


実は八尾市では、八尾市立リサイクルセンターにまで自分でゴミを持ち込めば10キログラムにつき200円で粗大ごみを処分してくれるんです! 筆者はいつもこの方法で粗大ゴミを処分しています。大きさ等は関係ありません。とにかく10キロ200円

リサイクルセンターに粗大ごみを持ち込む手順


まずはリサイクルセンターの場所を確認してください。

八尾市立リサイクルセンター  住所 曙町2-11
電話番号  072-992-2060



さて。ゴミを運ぶのに必要なのは自動車です。いつも乗っている乗用車でOK。もちろんレンタカーも可。いくら粗大ゴミが乗ったとしても自転車のはNG。筆者は自転車に布団を積んで持ち込んだ事がありますが「危険だから」と言う理由で断られています。

必ず本人確認が出来る運転免許証等の身分証明証を持って行ってください。粗大ゴミの持ち込みは世帯主(もしくは同一世帯の人)しか受付てもらえません。実際、格安ですから業者さんが来たら困るのだと思います。

受付曜日は月・火・木・金(祝を含む)

受付時間は9時00分~11時45分と12時45分~16時00分。

リサイクルセンターに行くとゴミの持ち込み口がありますから、そこから車ごと入ります。指定された場所に粗大ごみを降ろし、粗大ゴミを残して前進します。ここで粗大ゴミの重さが計測されます。

あとは重量分の料金を支払うだけ。取りに来てもらうよりも格安ですし、何より「捨てたい」と思うときに捨てる事が出来るのが魅力。土日の受付が無いのが残念ですが、祝日は普通に受付してもらえます。

断られるゴミもあるようです


基本的に八尾市で収集出来ないゴミは断られます。また、自宅のリフォームや解体で出たゴミは受付てもらえません。工事を委託した業者にお願いしてください。

また以下の品物は受け付けてもらいないので気をつけてください

産業廃棄物、建築廃材及びこれに類するもの、廃油・塗料、オートバイ・ミニバイク、スプリング入りマットレス、消火器、バッテリー、タイヤ、手提げ以外の金庫、ガスボンベ、ピアノ、電動車いす、仏壇・神棚、ウインドサーフィンのボード、鉄アレイなど鉄の固まり、レンガ、石うす、ブロック、コンクリート製品、農業用ビニール、家電リサイクル法対象製品[エアコン、テレビ(ブラウン管式・液晶式・プラズマ式)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機]、PCリサイクルマーク付パソコン  等
八尾市HP参照

粗大ゴミの持ち込みについては八尾市のHPにも説明がありますので参考になさってください。
http://www.city.yao.osaka.jp/0000023201.html

まとめ


自動車のないご家庭の場合は使い難い方法ですが、そうでなければ粗大ゴミの日を待たずして、スッキリゴミを捨てる事が出来ます。節約にもなりますし是非、覚えておいて戴きたいと思います。

sponsored link

八尾市の良いところ、役立つ情報を紹介します。中の人は八尾市在住。小学生の子どもを持つ大阪のオバちゃんです。

固定ページ



sponsored link

sponsored link