八尾の企業

八尾が本社の頑張る企業。鉄人が勧めるあのお米。

投稿日:

八尾に本社がある企業って以外と有名どころがあるんです。前回は子どもの頃に誰もがお世話になった「フエキくん」でお馴染みの不易糊工業株式会社をご紹介しましたが、今回は料理の鉄人、道場六三郎さんのCMでお馴染みの「お米のマルエー」こと株式会社マルエー食糧をご紹介します。

「そう言えば自衛隊八尾駐屯地の近くに配送センターみたいなのあったよね…」「嫁のママ友がパート行ってるって聞いた事あるな」程度にはご存知の方もおられるかとは思いますが、実はあれ本社なんです。

株式会社マルエー食糧

筆者は昭和生まれのオバサンなんですが、当時は街にお米屋さんがあって、お米を買いたいとなると、どこのご家庭もお米屋さんへお米を買いに行ったり、お米屋さんに配達してもらうのが主流でした。

それがいつしかスーパーでお米を買う家庭やディスカウントショップでお米を家庭が増えていき、お米屋さんの数が激減。実際、お米屋さんでお米を買うよりもスーパーやディスカウントショップ等の量販店の方が安く買えるんですよね。もう、こればかりは大規模展開しているお店と個人商店の違いとしか言いようがありません。

新しいお米購入のスタイル

そんな中、料理の鉄人でお馴染みの道場六三郎さんがCMに起用して「お米のマルエー」が大々的に宣伝をはじめました。「あの道場六三郎さんが「美味しい」というお米を食べたみたい」と思った人は少なくないかと思います。

しかも電話一本、送料無料で家まで配達してくれる!

それまでのお米の買い方の常識を打ち破る作戦だったと思います。でも実はよく考えてみれば「地元のお米屋さんでお米を買う」と言う原点に戻った…とも言えるんですよね。お米屋さんでお米を買う時のメリットって信頼関係だと思います。「混ぜ物をしないお米」「あのご主人なら信頼出来る」と言う具合に。

お米のマルエーも「美味しいお米を提供する」という事に関しては、かつてのお米屋さんと変わらない気がしてなりません。

バケツの田んぼでお米を育ててみよう!

okome

今年の企画は終わってしまったのですが、お米のマルエーでは毎年「バケツの田んぼでお米を育ててみよう」と言うことで、バケツ稲栽培用の種を配布しています。1リットル程度のポリバケツと土があれば、自宅でお米が栽培できるようです。ちなみにお米の育て方については、お米のマルエー公式HPに解説があります。お子さんがおられるのでしたら、一緒に育ててみても楽しいのではないでしょうか?

お米の育て方のページ
https://www.88-0007.co.jp/cultivation/

お米のマルエー使ってる?

こんな記事を書いておきながら、筆者はお米のマルエーを利用していません。ですが同じく八尾に住む実家ではお世話になっていて「けっこう美味しいよ。電話したら届けてくれるし」と重宝しているようです。実家は老人世帯ですから、重たいお米を自宅まで届けてくれるのサービスはありがたいようです。

株式会社マルエー食糧HP
https://www.88-0007.co.jp/

まとめ

いかがでしょうか? 「八尾には大した会社ってないよね~」と思っていた方もおられるかとは思いますが、色々な会社が八尾に根をおろして頑張っています。知っていたからってどうこう…って話ではないのですが、ちょっとした話のネタとして覚えておいて戴けると幸いです。

-八尾の企業
-, , , ,

Copyright© とことん八尾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.