講座

生涯学習センターで不登校・引きこもり支援講演会がありますよ~。

更新日:

学校に行くことが出来ない不登校の子どもは健在、小中学校合わせて12万3000人いると言われています。数字だけみるとイメージが掴み難いのですが大雑把に計算するとクラスに1人は不登校の子がいる…と言うのが現状です。ですから、不登校やひきは「ものすごく珍しい」事ではなく、身近にある問題と言っても良いかと思います。

八尾市では不登校や引きこもりの子どもたちへの支援をはじめています。今回は生涯学習センターでの講演会のご紹介です。

不登校・ひきこもり支援講演会について

「迷子の時代を生き抜くために」山下耕平さん講演会 概要

「迷子の時代を生き抜くために」山下耕平さん講演会

日時
2017年2月26日(日)14:00~

会場
大会議室(4階)

受講料
無料

対象
一般

定員
40名

申し込方法
2017年2月2日(木)9時から電話先着順40名

講演講師:山下耕平さん
プロフィール:1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務めた。また、2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、若者の居場所「コムニタス・フォロ」を立ち上げ、コーディネーターをしている(現在は「なるにわ」と名称変更)。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。

八尾市生涯学習センターHPより引用
http://www.kagayaki-yao.or.jp/new-kouza/2016%E5%B9%B4227%EF%BC%88%E5%9C%9F%EF%BC%89%E4%B8%8D%E7%99%BB%E6%A0%A1%E3%83%BB%E3%81%B2%E3%81%8D%E3%81%93%E3%82%82%E3%82%8A%E6%94%AF%E6%8F%B4%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A.html

山下耕平さんってどんな人?

今回、公演してくださる山下耕平さんって、どんな人なのでしょう? 山下耕平さんは大阪市で不登校の子どもたちが学ぶフリースクール・フォロで事務局長をなさっています。

フリースクール・フォロ
http://www.foro.jp/index.html

不登校や引きこもり、生きづらさを抱えている若者達への支援を活動をされていて、不登校に関する本も出版されています。

迷子の時代を生き抜くために―不登校・ひきこもりから見えてくる地平

まとめ

いかがでしょうか? 講演会は日曜日の午後ですから平日お仕事をされている方でも参加出来るかと思います。お子さんが不登校で悩んでおられる方だけでなく、学校や塾といった教育関係のお仕事をされている方も参加可能です。気になる方は申し込んでみてはいかがでしょうか?

-講座
-, , , , , ,

Copyright© とことん八尾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.