地域情報

簡易型宅配ボックス「OKIPPA」八尾市在住者限定でモニター募集ですよ~

最近、労働人口の減少と通販利用率が激増とで宅配業界の人手不足が深刻化しています。

再配達を減らすための工夫として「置き配ボックス」を置くご家庭が増えてきましたが、まだまだ普及しているとは言えない状況です。

「うちも置き配ボックスあったらいいのになぁ~」と思っていても、実際に置き配ボックスを買うとなるとけっこうなお値段なんですよね。

「実は置き配ボックスに興味がある」と言う方に朗報です!

八尾市在住1000人を対象に簡易型宅配ボックス「OKIPPA」の実証実験モニター募集がはじまりました。

モニターと言っても、簡易型宅配ボックス「OKIPPA」を使って、荷物を受け取り、アンケートに答える簡単な作業てず。

アンケート期間終了後、簡易型宅配ボックス「OKIPPA」は無料で使い続けることが出来ます。

ザックリ言うと「モニターのお礼に簡易型宅配ボックス「OKIPPA」差し上げます」ってことですね。

簡易型宅配ボックス「OKIPPA」

OKIPPA説明動画

筆者宅でも活用しています!

とことん八尾
OKIIPAは筆者宅でも活用しています

私もOKKIPAは購入したのではなく、実証実験のモニター募集でゲットしました。

八尾市の実証実験よりも前に、郵便局でOKKIPAのモニター募集をしている時に申込みました。

モニターと言っても難しい内容ではなくて、何回かアンケートに答えるだけの簡単なものです。

アンケート期間が終了すればOKKIPAを貰える…と言うもので、八尾市が行う実証実験とほぼ同じ形式でした。

OKKIPAは使わない時は玄関扉等にぶら下げておいて、宅配の荷物が届くと開いて中に荷物を入れることになっているので、使わないは邪魔にならないのが魅力的です。

OKKIPAに荷物が入っているところ

OKKIPAに荷物が入っているところ

玄関前や軒下に設置するため、盗難等が少し心配でしたが今までトラブルにあったことはありません。

マンション等で共有部分に物を置くことが禁止されている場合、OKKIPAや置き配ボックスを利用するのが難しいかと思いますが、通販利用率が高く、不在がちのお宅には超オススメのアイテムです。

モニター募集概要

実験概要

実験実施期間:令和2年1月20日(月)~令和2年2月16日(日)
募集定員:1,000世帯(抽選)

応募条件・応募方法
【主な応募条件】

・八尾市内在住の方
・月に2~3回以上、通販等により購入した商品を宅配便で受け取っている方
・オートロック環境の住居にお住まいでないこと
・実証実験参加規約に同意いただくこと

【応募受付期間】
令和元年12月20日(金)~令和2年1月8日(水)

【応募方法】
下記のキャンペーンサイトから応募してください。また、詳細な応募条件についてもキャンペーンサイトにてご確認下さい。
キャンペーンサイト:https://www.okippa.life/poc-20200120_yao/(別ウインドウで開く)

OKIPPAについて

OKIPPAは、Yper株式会社が開発・展開している吊り下げ式の簡易型宅配ボックスで、折りたたむと手のひらサイズになるバッグです。「共働きや学校で昼間に荷物を受け取れない」、「在宅中でも手が離せなくて荷物が受け取れない」という方にご活用いただけます。

詳細については、OKIPPAホームページをご参照ください。

OKIPPAについて:https://www.okippa.life/(別ウインドウで開く)

Yper株式会社について:https://www.yper.co.jp/(別ウインドウで開く)

本実験に関するYper株式会社プレスリリースについて:https://www.yper.co.jp/20191220/995/(別ウインドウで開く)

まとめ

簡易型宅配ボックス「OKIPPA」モニター募集の締め切りは年明け、令和2年1月8日(水)です。

1000名の募集ですから、必ずモニターに当選するとは限りませんが、八尾市限定の募集なので当選確率は高そうです。

「置き配ボックスを使ってみたいけど高くて手が出ない」と言う方は、この機会にモニターに応募してみてはいかがでしょうか?

八尾市の地域情報

-地域情報

Copyright© とことん八尾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.