地域情報

国民健康保険の手続き。八尾市役所に夜間窓口があるって知ってました?

病院で診察を受ける時に使う保険証。

会社組織で働いている方は会社の健康保険組合が出している保険証を使っておられると思うのですが、会社組織に属してていない自営業等のみなさんは、国民健康保険に入っておられるかと思います。

会社だと総務か人事の担当者がややこしい手続きをしてくれるのですが、国民健康保険だと、何あった時は自分で市役所の窓口まで出向く必要があります。例えば出産育児一時金や葬祭費の申請。怪我等で装具が必要になった時の療養費の申請等、意外と出向く機会があると思います。

ですが自営業等で働いていると、なかなか平日の昼間に市役所へ行けない方も多いのではないでしょうか? 八尾市では市役所の開庁時間内(午前8時45分から午後5時15分)に窓口に来る事が出来ない方のために、月に2回夜間窓口を開設しています。

国民健康保険の夜間窓口

8月の国民保険の夜間窓口は9日(火)と25日(木)です。両日とも午後7時30分まで受け付けています。

国民健康保険係 夜間窓口のご案内

国民健康保険係では、お仕事の都合などで開庁時間内(午前8時45分から午後5時15分まで)に手続きができない人のために、夜間窓口を開設しています。
夜間窓口を開設しています

8月の夜間窓口開設日

受付時間は以下のとおりです。市役所東側出入口をご利用ください。

9日(火)午後7時30分まで
25日(木)午後7時30分まで

取り扱い業務
国民健康保険の加入・脱退等の届出
国民健康保険証の再発行申請
国民健康保険の限度額適用認定証などの発行
国民健康保険の療養費(装具・海外療養費など)・高額療養費の申請
国民健康保険の出産育児一時金・葬祭費の申請
国民健康保険料のお支払
国民健康保険料の納付相談

※上記以外の業務については、事前に電話などでお問い合わせください。
※他の市町村や関係機関に確認が必要となる場合などは、取扱いできないことがありますのであらかじめご了承ください。

八尾市HPより参照

まとめ

お金関係の申請…特に給付されるタイプのお金って自分でしなければ向こうからは何も言ってくれません。

どんな申請でも「面倒くさいなぁ」と言う気持ちになってしまいがちですが、ほんの少しの手間でけっこうな金額が還付される事があります。

市役所の窓口が開いている時間に行けないからと、各種申請を諦めてしまっていませんか? 夜間受付は月2回しかありませんが、平日の日中に行けない方は是非利用して戴きたいと思います。

-地域情報
-

Copyright© とことん八尾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.