子ども

子育て世帯必見! 大阪府小児救急電話相談『#8000』ってご存知ですか?

『とことん八尾』では八尾市に関連する情報をお届けしていますが、今回は微妙に八尾市からはズレているお話です。ですが八尾市で子育てをしている方には是非知っておいて戴きたいと思い、ご紹介させて戴きます。

子育て中って「子どもの急病」を何度となく経験するかと思います。以前『八尾市の休日救急診療以外で日曜日でも診てくれる小児科について。』『日曜日なのに中耳炎?八尾市とその近辺で日曜日でも診てくれる耳鼻科。』と言う記事では日曜日も診察してくれる小児科や耳鼻科をご紹介しましたが、子どもって不思議と「よりによって」のタイミングで体調を崩すんですよね。しかも、一気に重症化するケースもあったりして、どうして良いか分からずに親がオロオロしてしまう事もあるかと思います。

小児救急電話相談(#8000)

お子さんの急病の時「救急車を呼ぶべきか」「救急車を呼ばないまでも、いますぐ病院に連れて行くべきか」を迷った事ってありませんか? 「もし大したことないなら、無理に動かすのかも可哀想だし…」と思ったり「いやいや。何かあってからでは遅い」と気持ちばかりが焦ってしまったり。

そんな時に利用してい戴きたいのが『小児救急電話相談』です。夜間の子どもの急病時、病院へ行ったほうがよいかどうか看護師が相談に乗ってくれます。また病院に行かなくても良い場合でも、どういった処置をすれば良いのかもアドバイスを受ける事が出来ます。

小児救急電話相談(#8000)
小児科医の支援体制のもとに看護師が相談に応じます。夜間の子どもの急病時、病院へ行ったほうがよいかどうか、判断に迷った時にご利用ください。

※相談料は無料ですが、通話料は利用者負担となっております。
※あくまで電話相談であり、診察などの医療行為は行うことができません。
※明らかに緊急を要する場合は、119番をご利用ください。

開設時間および電話番号
子どもを抱えて電話をする猫のお母さん 開設時間 20時から翌朝8時(365日)
電話番号
#8000(NTTプッシュ回線、携帯電話)
又は06-6765-3650(ダイヤル回線、IP電話)
※市外局番が0736、0743、075の場合、大阪府の#8000につながりません。
 恐れ入りますが、06-6765-3650をご利用ください。
※20時から23時は特に電話が込み合います。ご迷惑をおかけしますが、あらかじめご了承ください。

ご利用の際の注意事項
○電話が込み合ってつながりにくい場合があります。あらかじめご了承ください。

○最初に、以下のアナウンスが流れます。その後、電話がつながりましたら相談員が応対いたしますので、お話しください。

「お子さんの病気やけがで今、ご心配なことについて、一緒に考える相談ダイヤルです。診断や治療はできませんので、あらかじめご了承のうえ、ご相談ください。電話がつながりましたら、お子さんの年齢・性別・お住まいの市町村名を伝えていただいてから、お話しください。」

○お子さまの病気やケガの状況をおうかがいするとき、年齢・性別・お住まいの市町村がわかることは重要です。
 相談の最初にお聞きしますので、案内に従ってお答えください。

※この電話相談では、皆様からの相談等の内容を正確に把握するため、必要に応じて、通話の内容を録音することがあります。

大阪府HPより参照
http://www.pref.osaka.lg.jp/iryo/syouni-qq/syouni_qq_tel.html

迷ったらとりあえず電話してみてください!

小児救急電話相談を利用した人の3分の1は看護師の助言のみで対応出来る状態だったようです。適切な処置をした方がお子さんも早く楽になりますから、是非正しい処置をしていただきたいと思います。

ちなみに医療機関への紹介は21.9%。救急車を呼ぶよう指示されたのは0.6%だったそうです。この数字をどう捉えるかは人それぞれかと思うのですが、もし救急車を呼ぶことを迷っていて手遅れになってしまったら…と思うと、ゾッっとします。

まとめ

小児救急電話相談(#8000)は厚生労働省が行っている事業です。ですから、八尾市から電話をする場合は大阪府の小児救急電話相談(#8000)に繋がりますが、もし八尾市から転居する事があっても、全国で利用する事が出来ますから、お子さんをお持ち親御さんは是非、覚えておいて戴きたい思います。

-子ども
-,

Copyright© とことん八尾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.